初めての一人暮らしで上京、どのくらいの費用がかかるの?上京する時のポイントやお金が足りない時はどうすればよい?

進学や就職を機に上京して一人暮らしを始める人もたくさんいると思います。
みなさん初めての一人暮らしに不安や期待、いろいろな思いを抱いていると思いますが、上京した時に実際どのくらいの費用がかかるのかについてはあまり把握していない人も多いのではないでしょうか。
ここでは上京した時にかかる費用としてどのくらいの金額を用意しておけばよいのか、また足りなかった時にはどうすればよいのかなどについてみていきたいと思います。

 

 

【上京にかかるお金はどのくらい?】

上京して一人暮らしをする場合、初期費用としておよそ50万円は消えてしまうと言われています。
この50万円の大半は、家を借りる時にかかります。 →1万円借りたい
基本的に、都内で家を借りるとなると家賃のほかに敷金や礼金、仲介手数料など様々なお金がかかります。
「家賃の安い家ならそんなにかからないのでは?」と思うかもしれませんが、どんなに安い家を借りてもそれなりの金額が必要になります。
例えば家賃3万5千円という格安な物件であっても、実際不動産会社に支払う金額は20万円を超えます。
家賃が上がれば当然不動産会社に支払う金額も高くなります。
一般的に家賃が5万円を超えれば、実際支払う金額は30万円以上にはなるはずです。

 

上京にかかるお金はそれだけではありません。食費などの生活費に加え、初めの月は家財道具の購入費用なども必要になります。ですからなるべく多く用意しておくに越したことはありません。

 

それから忘れてはいけないのが、契約更新料です。
関西の場合契約更新料など余分な費用は掛かりませんが、関東では2年契約で家を借りる場合、契約を更新するたびに家賃1.5か月分の契約更新料がかかることも少なくありません。
こうした点については上京先の地域によっても違いますので、あらかじめ不動産会社に確認しておく必要があります。

 

また上京する際に移動費や家を探す際に宿泊が必要になった場合のホテル代など、他にもいろいろな費用がかかります。
中には節約のために自転車で移動をするという人もいるようですが、これは途中でかかる宿泊代などを考えると逆に高くついてしまう可能性が高いのでお勧めできません。
やはり移動はバスや電車がオススメです。
こうした諸々のお金をひっくるめると、大体50万円はかかる計算になります。

 

【最近人気のシェアハウスで費用を抑えるのはアリ?!】
最近では一人暮らしではなく、複数の人が同じ家に住む「シェアハウス」という形をとっている人もいます。
1軒分の家賃を複数人で支払うのでその分家賃を抑えられるのは間違いありません。
実際シェアハウスにすることで、上京初期にかかるお金約50万円を35万円程度にまで抑えることができると言われています。
ただ1つの家に赤の他人が一緒に住むということで、人付き合いの面倒くささは付きまとってきます。
ですから人と接するのが苦手な人にはあまりお勧めできません。
いくらお金の面で節約することができても、精神的な負担が増えるようでは元も子もありません。

 

またシェアハウスの場合、金銭トラブルや近隣トラブルなど様々なトラブルも起こりやすくなります。
例えば2条しかないような狭い部屋を借りた場合、「脱法タコ部屋」(タコ部屋=低賃金労働者が働く際に支給される下宿などを指す)とも呼ばれ、金銭トラブルが起こりやすくなります。

 

【上京するときに知っておくと便利なこと】

上京する際には次のようなポイントを知っておくとよいでしょう。
@「畳」の大きさの違い
 畳の大きさには京間と江戸間という2種類の規格があり、京間のほうが江戸間よりも広くなっています。
 そのため関西から関東に移動するときは注意が必要です。
 京間の感覚で「6畳1間」の家を借りてしまうと、1畳分ほども狭く感じてしまいます。
 ですから上京して家を借りる時には、ネットなどの情報ももちろん頼りにはなりますが、実際に目で見て広さを確認することが大切です。

 

A引っ越しの費用
 当然ながら引っ越しの費用は、距離が長くなれば長くなるほど高くなります。
 加えて荷物の量も多くなればそれだけ費用は高くなります。
 少しでも節約を考えるのであれば引っ越し費用を浮かせることですが、引っ越し先は変えることができませんのでなるべく家財道具を少なくするということがポイントになります。
 いらないものは思い切って処分しましょう。

 

【お金が足りない時はどうすればいい?】

できる限りお金を用意しておいたとしても、お金が足りなくなってしまうことはあると思います。そんな時はキャッシングをするのも一つの方法です。上京することが決まった時、一番良いキャッシングのタイミングは引っ越しの前です。これは、引っ越しをしてからよりも引っ越し前のほうが「属性」と呼ばれるキャッシングの審査基準が有利になるためです。

 

【どこでキャッシングをすればよい?】

引っ越しが迫っていてすぐにでもキャッシングをしたい、という場合はプロミスやアコムなどの消費者金融でのキャッシングがオススメです。
消費者金融は即日融資が可能なところが多いため、引っ越しまでの期限があまりない場合でもスムーズに借り入れができます。
ただ契約をする際には、まずWeb申し込みをしてその後で無人契約機で契約する、という手順を踏むことが大切です。
カードの発行は無人契約機で行うことができますので、家を引き払うまで数日ほどの余裕があれば問題なくWeb契約ができるはずです。
そして引っ越し後はすぐに契約内容の更新を行うことで、借入後のトラブルを避けることができます。

 

引っ越しまでまた余裕がある場合は、金利の低い大手銀行のキャッシングを利用するのがオススメです。
特にみずほ銀行のカードローンは上限金利が低いため、借入額が低い人でも大変お得です。
借入額が多い人にはオリックス銀行のカードローンがオススメです。

 

即日融資でいますぐ、、、お金借りる